年間という歳月は野良猫も変えてしまう。

よく見かけるノラ猫がいるのですが、まずまず嫌疑が強くて仲良くなれません。今日も近づこうとすると「シャー」と脅迫してきました。昔はそうではありませんでした。年間ぐらい前までは、「来院」と音を用いると、「ニャア」と言いながらあちらから近寄ってくるような子猫だったのです。一年の日時が猫を変えていしまったといえばいいのでしょうか。面倒が面持に表れていて、はなはだ荒々しい目元なのです。野良猫として生きていくのは一大んだろうなと思います。猫というと、風に吹かれながら、日向ぼっこをしているようなイメージがあるのですが、じつはあんな楽な生活をして掛かるわけではありません。通常テリトリーを巡回してアンビリーバブルがないかチェックして、ごみをあさり、見知らぬ猫とけんかして・・なかなかツライ通常だ。「くんも大変よなあ。がんばれよ」と声をかけたくつながる。そんなことを考えていたら、その猫の上を生まれたばかりの六匹の子猫がついていきました。なるほどね、一年の日時はこういうことに費やされていたのですね。アイフル 土日 電話